• 輪番奉仕

  • 御廟所のご案内

むくいる

日蓮が弟子檀那等は此の山を本として参るべし。
此れ則ち霊山の契なり。
波木井殿御書

輪番奉仕

輪番給仕とは、日蓮聖人のご遺命により身延に建てられた御廟を、
六老僧がひと月ごとに交替で護持したことにはじまりました。
日蓮宗宗憲にあるように、日蓮宗寺院檀信徒は
祖廟輪番給仕をおこなうことは大事なつとめとなっています。

輪番奉仕の案内

御廟所のご案内

御廟域は、「いずくにて死に候とも墓をば身延の沢にせさせ候べく候」という
日蓮聖人のご遺言に従って建てられた廟墓、
1274(文永11)年のご入山以来足かけ9年に亘って住まわれた御草庵跡など、
身延山の中でもとりわけ神聖な場所です。

日蓮聖人御墓
御草庵跡のご案内