月刊教報 みのぶ誌 2022年9月号

祖山時報

原水爆禁止国民平和大行進 2022年7月15日
 午前10時半より身延山内に於いて、原水爆禁止国民平和大行進が行われた。
 今年で、65回目となるこの行事は原水爆禁止国民平和大行進中央実行委員会が主催し「核兵器のない平和で公正な世界を作ろう」をスローガンとし、5月6日に東京都と和歌山県でのスタートを皮切りに、核兵器禁止条約の批准を求め、8月の広島県到着に向けて、全国すべての都道府県を行進でつなぐものである。
 身延山では西谷にある平和のいのり納経塔に於いて、セレモニーが行われ、長谷川財務部長が禁止条約に参加を求めるペナントを行進団に託し「ウクライナの問題など、戦争危機が迫っている今、皆さんの行進が世界平和につながることをお祈りします」と挨拶をされた。

盂蘭盆施餓鬼会 2022年7月16日
 午後1時より仏殿納牌堂に於いて、小澤庶務部長導師のもと、長谷川財務部長、山本輪番事務長・法務部次長が副導師として列座し、在院生、僧道実修生が出仕して、盂蘭盆施餓鬼会が執り行われた。
 あいにくの雨となったが、多くの方々が参列し、堂内にはたくさんの卒塔婆が並んだ。
 雅楽の音色が響き始めると、灑水師、散華師が四周を移動し、堂内を浄める灑水散華が行われ、その後、式衆が入堂した。
 導師を務めた小澤庶務部長は御宝前への焼香を施した後、堂内に起てられた卒塔婆に向け、灑水供養をされた。
 法要が進み、自我偈の訓読が始まると式衆が行道し、施餓鬼壇を三匝しながら、立幡・灑水・焼香の供養を行った。
 また法要中には、内野日総法主猊下が来臨され、焼香を施されると、一切の諸精霊に対し祈りを捧げた。
 その後、導師によって盂蘭盆会追善の総回向がなされ、副導師により全国から供養を申し込まれた霊位に対し、追善の読み上げ回向がなされた。
 参列された方々は、自身が供養を申し込んだ霊位が読み上げられると、合掌し頭を垂れた。

布教部主催 七面山登詣 2022年7月23日~24日
 7月23日から24日にかけて、布教部主催の七面山登詣が行われた。
 この七面山登詣は、布教部員、僧道実修生ら引率のもと毎年行われており、表参道を往復する登詣ルートで、七面山敬慎院までの50丁の道のりを登る修行である。
 一行は午前10時より、団扇太鼓に合わせ、御題目をお唱えしながら登り始めた。
 途中、神力坊(2丁)、肝心坊(13丁)、中適坊(23丁)、晴雲坊(36丁)にて法味を言上し、道中の安全を祈念した。
 参加者全員が無事に七面山敬慎院に到着し御開帳を受け、夕勤に参列した。
 翌朝も天候に恵まれ、見事な御来光を拝することができ、その後、七面山奥之院を参拝し、正午過ぎには麓に到着した。

「少年少女錬成道場」 2022年7月25日
 山梨県日蓮宗青年会主催の令和4年度「少年少女錬成道場」が行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、子どもたちの参加は見送られ、山梨県日蓮宗青年会員のみで、撃鼓唱題行脚しながら奥之院思親閣を目指した。
 一行は午前9時に久遠寺本堂に集合し、上ノ山にある各お堂で法味を言上して、正午過ぎに奥之院思親閣に到着した。
 思親閣の御宝前に念珠をお供えし、法味を言上して、この錬成道場に参加できなかった子どもたちのもとへ贈った。

教箋