月刊教報 みのぶ誌 2022年8月号

祖山時報

身延山本願人会・ロータス会総会 2022年6月11日
 午後1時より新書院に於いて、身延山本願人会総会並びに、ロータス会総会が行われた。
 本願人会総会では、はじめに会長の持田総務が挨拶をされた。
 その後、令和3年度事業報告及び収支決算報告、令和3年度監査報告、令和4年度事業計画案及び予算案、身延山本願人会本部役員改選案等の審議が行われた。
 また、午後2時より仏殿納牌堂に於いて、持田総務導師のもと、浜島副総務、松本共栄部次長が副導師として列座し、在院生が出仕して、身延山本願人会物故者慰霊法要が執り行われた。
 続いて午後3時より、ロータス会総会が行われ、理事長の持田総務、副理事長の豊田布教部長出席のもと、スリランカ別院、コロンボ支院の現状報告等が行われた。

身延山開闢会御入山行列・御草庵大法要 2022年6月12日
 午前9時より、御入山行列・御草庵大法要が執り行われた。
 総門茶屋に於いて、浜島副総務導師のもと、望月一老職、御草庵大法要へ出仕する支院各聖が参列して、法味を言上した。
 今年の御入山行列は、新型コロナウイルス感染防止のため、規模を縮小して行い、総門から三門までの道のりを行脚隊のみが行列した。
 その後、御廟所御草庵跡に於いて、持田総務導師のもと、望月一老職、浜島副総務が副導師として列座し、支院各聖が出仕して、御草庵大法要が執り行われた。
 法要終了後には、御廟所常唱殿に於いて、身延山開闢会実行委員会主催の「法話と講談」が行われ、午後1時より豊田布教部長による法話、午後1時40分より一龍齋貞鏡師による講談「日蓮聖人一代記」、午後2時50分より「運・運命」をテーマに一龍齋貞鏡師と小澤庶務部長によるトークショーが行われた。

身延山高校誓願法要 2022年6月14日
 午前10時20分より棲神閣祖師堂に於いて、豊田布教部長導師のもと、身延山高校教職員と全校生徒が参列して、身延山高校誓願法要が執り行われた。
 生徒は開式に先立ち、一人ずつ自身の誓願を記した短冊を御宝前に納めた。
 法味を言上した後、生徒を代表し、田中太樹君が各々の誓願成就に向け、行学二道に精進していくことを日蓮聖人に誓った。
 また、豊田布教部長は「人の幸せのために努力してほしい」と挨拶をされた。

身延山開闢会大法要 2022年6月15日~17日
 6月15日から17日までの3日間、本堂に於いて、午前10時より読誦会が、午後1時より15日・豊田布教部長、16日、17日・持田総務導師のもと、身延山支院各聖、身延山執事が副導師として列座し、支院各聖、在院生、僧道実修生が式衆として出仕して、第749回身延山開闢会大法要が執り行われた。
 法要終了後には本堂高座に於いて、15日・塚本智秀身延山布教師、16日・川名湛忍身延山布教師、17日・奥野本洋身延山布教師による御代講が行われた。
 また、16日は午前11時半より本堂に於いて、山梨県第一部寺庭婦人会による和讃の奉詠があり、17日は午前10時から午後2時まで、五重塔特別開扉が行われた。

オペラ「日蓮の宇宙 曼荼羅世界」公演成功祈願 2022年6月17日
 午後2時半より棲神閣祖師堂に於いて、持田総務導師のもとオペラ「日蓮の宇宙 曼荼羅世界」公演成功祈願が執り行われた。
 このオペラは身延山開闢750年を記念して、令和4年8月31日、9月1日に新国立劇場で公演される。
 作曲・台本を手掛けた仙道作三氏も参列した。

「世界難民の日」ブルーライトアップ 2022年6月18日~20日
 6月18日から20日の3日間、「世界難民の日」ブルーライトアップが行われた。
 この取り組みは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が国連の定める6月20日「世界難民の日」に、ロシアによる侵攻を受けるウクライナのみならず、紛争や迫害などによって故郷を追われた人々に想いをはせ、各地のシンボルをUNHCRブルーに照らし、難民問題への理解と支援を呼び掛けるものである。
 身延山久遠寺もこの取り組みに参画して三門をライトアップした。
 また、宝物館ロビーに於いて、難民問題への理解促進を目的とした写真展を開催した。

身延山参与・祖山常置会常任議員会 2022年6月20日
 午前10時より新書院に於いて、内野日総法主猊下御臨場のもと、身延山参与・祖山常置会常任議員会が行われた。
 まず、内野法主猊下、続いて参与を代表して小埜栄裕師が挨拶をされた。
 その後、令和3年度宗教法人身延山久遠寺決算並びに身延山久遠寺報恩記念事業決算・監査報告について審議が行われ、承認された。

身延山歴代法要 2022年6月20日
 午後1時半より仏殿納牌堂に於いて、内野日総法主猊下大導師のもと、望月一老職、浜島副総務、長谷川財務部長、松本共栄部次長が副導師として列座し、在院生、僧道実修生が出仕して、身延山歴代法要が執り行われた。

富士山詩画奉納式典 2022年6月22日
 午前9時半より本堂に於いて、富士山詩画奉納式典が行われた。
 まず、浜島副総務導師のもと、松本共栄部次長が副導師として列座し、在院生、僧道実修生が出仕して、世界平和祈念法要が執り行われた。
 続いて、詩・画・舞の奉納が行われた。
 また、午後1時より宝物館ロビーに於いて、この式典を主催した忍野/富士山アートピア実行委員会より、作画・坂本ただいち氏、作詩・關優山氏の富士山詩画「身延富士」が奉納された。

住職担任認証式 2022年6月23日
 午後2時より棲神閣祖師堂に於いて、日蓮宗管長大本山池上本門寺菅野日彰貫首大導師のもと、豊田布教部長、青山法務部長、小澤庶務部長、宗務院より畑総務部長が列座して、住職担任認証式が執り行われた。
 法味を言上した後、菅野管長より新住職担任一人一人に認証書が親授された。その後、新住職担任の代表者より、署名簿の奉奠と宣誓が述べられ、行学二道に精進し、信徒の教化育成に努力することを誓った。
 式終了後、新住職担任は御真骨堂を拝し、菅野管長を囲み記念撮影を行った。

記念講演「身延に詣でた佐渡の信者」 2022年6月26日
 午後2時より報恩の間に於いて、身延山大学附属図書館と身延山宝物館との合同企画展「日蓮聖人のご生涯~佐渡から身延へ~」の記念講演が、庵谷行亨身延山大学特任教授によって「身延に詣でた佐渡の信者」と題して行われた。

「あなたは尊い」刊行 祖山奉告式 2022年6月28日
 午後2時より本堂に於いて、宗務院より柳下伝道局長導師のもと、宗務院各聖が出仕して、仏道漫画「あなたは尊い」刊行祖山奉告式が執り行われた。
 これは、佐渡島庸平氏と日蓮聖人降誕800年青少幼年サミットプロジェクトチームが監修し、やじまけんじ氏が描いた作品である。
 式には両氏も参列して、日蓮聖人に刊行を奉告した。

第2期信行道場修了・教師認証式 2022年6月30日
 朝勤後、棲神閣祖師堂に於いて、第2期信行道場修了式と教師認証式が執り行われた。尚、修了式と教師認証式で導師が入れ替わる変則的な式となった。
 信行道場化主の内野日総法主猊下大導師のもと、豊田布教部長、青山法務部長、小澤庶務部長、宗務院より川久保教務部長が列座して、第2期信行道場修了式が執り行われた。
 法味言上の後、内野法主化主猊下から修了証が授与され、その後、訓諭を賜った。
 化主猊下退堂後、日蓮宗管長の大本山池上本門寺菅野日彰貫首が入堂し、教師認証式が開式となった。
 菅野管長より認証書や記念品が授与され、その後、訓諭を賜った。

日蓮門下連合会身延理事会 2022年6月30日
 日蓮聖人門下連合会に加盟する各宗各派の代表者が来山し、御廟所に於いて、田中恵紳日蓮宗宗務総長導師のもと、法味を言上した。
 その後、午後1時より本院内新書院に於いて、日蓮聖人門下連合会身延理事会が行われた。

富士山経ヶ岳大祭 2022年7月7日
 正午より、富士山経ヶ岳常唱殿に於いて、豊田布教部長導師のもと、修法師が出仕して、富士山経ヶ岳大祭立正安国世界平和祈願法要が執り行われた。

教箋