月刊教報 みのぶ誌 2021年11月号

祖山時報

奥之院思親閣大祭龍口御法難会 2021年9月12日
 午前11時より奥之院思親閣祖師堂に於いて、浜島副総務導師のもと、望月一老職、佐藤奥之院思親閣別当が副導師として列座し、山内支院各聖が出仕して奥之院思親閣大祭龍口御法難会が執り行われた。
 はじめに佐藤別当が「日蓮聖人の異体同心のお言葉を思い出して、体は違えども祈りを一つにして日蓮聖人に報恩感謝の誠を捧げると共に、一刻も早いコロナ禍、未曾有の国難を乗り越えられるように共に祈りを捧げていきたい」と挨拶をされた。
 法要が進み、導師を務めた浜島副総務による慶讃文が奉読された。その後、浜島副総務の挨拶では、参列者に対し龍口法難の歴史や日蓮聖人の威徳を力強く伝えられた。
 続いて、佐藤別当が修法導師を務め、御宝前法楽加持が修された後、祈願、塔婆回向の読み上げがなされた。
 尚、この法要は、コロナ禍のため例年より規模を縮小して開催され、式の模様はインスタグラムにてライブ配信された。

龍口御法難会 2021年9月12日
 午後1時より棲神閣祖師堂に於いて、豊田布教部長導師のもと、青山法務部長、山本輪番本部事務長・法務部次長が副導師として列座し、在院生、僧道実修生が出仕して龍口御法難会が執り行われた。
 法要後には、深澤恭徳身延山布教師による法話が行われた。

上ノ山八幡社大祭 2021年9月15日
 午後1時より上ノ山八幡社に於いて、小澤庶務部長導師のもと、法務部員が出仕し、八幡社の氏子各位が参列して上ノ山八幡社大祭法要が執り行われた。
 この大祭は毎年、身延山内の5区(清住町・上町・仲町・橘町・元町)が当番制で祭祀を執り行っており、今年は上町が氏子として担当した。

東京本願人会元政七條袈裟御奉納 2021年9月16日
 日蓮聖人降誕800年慶讃記念として、東京本願人会より50着の元政七條袈裟を御奉納いただきました。
 誌面をお借りして厚く御礼申し上げます。

日蓮門下連合会身延理事会 2021年9月16日
 日蓮聖人門下連合会に加盟する各宗各派の代表者が来山し、御廟所に於いて、中川法政日蓮宗宗務総長導師のもと、法味言上が行われた。その後、午後1時より本院内新書院に於いて、日蓮聖人門下連合会身延理事会が開催された。

本妙庵大祭 2021年9月17日
 午前10時より本妙庵に於いて、小澤庶務部長導師のもと、法務部員2名が出仕して、本妙庵大祭が執り行われた。
 本妙庵とは、江戸時代後期の僧・本妙日臨和尚の留魂の霊地である。『日蓮宗事典』によると、日臨和尚は律師と称せられるほど持律堅固で、本妙庵(旧:醒悟園)にて、戒律を固く守る姿勢で修行生活をされた人物である。
 導師を務めた小澤庶務部長は日臨和尚の人物像を紹介しつつ「高齢化で人がいなくなり途絶えてしまうと復活させるのが難しい。細々とでもいいから次の世代にもこの霊地を伝えてほしい」と参列者へ挨拶をした。

平山郁夫展 日蓮聖人と仏教の旅 2021年9月17日~10月20日
 本堂地階宝物館に於いて、日蓮聖人降誕800年慶讃身延山共栄ともの会特別企画で、平山郁夫展「日蓮聖人と仏教の旅」が開催された。
 主な展示宝物は、広島県・平山郁夫美術館所蔵の平山郁夫画伯が描かれた「日蓮聖人画像」や、北杜市・平山郁夫シルクロード美術館所蔵の「ブダガヤの大塔」など貴重な作品を数点お借りし、特別展示を開催した。
 尚、企画展初日のオープニングセレモニーでは、持田総務、浜島共栄部長、豊田宝物館館長によるテープカットが行われた。

秋季彼岸施餓鬼会 2021年9月23日
 午後1時より仏殿納牌堂に於いて、浜島副総務導師のもと、青山法務部長、松本共栄部次長が副導師として列座し、在院生、僧道実修生が出仕して、秋季彼岸施餓鬼会が執り行われた。
 はじめに、灑水師と散華師により堂内を厳浄した。式衆が入堂し、導師を務めた浜島副総務は御宝前への焼香を施した後、堂内に建てられた卒塔婆に向け、丁寧に灑水供養をされた。
 法要が進み自我偈の訓読が読誦され始めると式衆が行道し、施餓鬼壇を三匝しながら、立幡・灑水・焼香の供養をした。
 最後に、一切の諸精霊と全国から供養のお申し込みをいただいた諸霊位を読み上げ、追善の誠を捧げた。

立正安国・お題目結縁運動結願大法要 2021年9月30日
 午後1時より本堂に於いて、日蓮宗管長菅野日彰池上本門寺貫首導師のもと、全国74管区を代表し11教区長の各聖が副導師として列座し、聲明師会連合会並びに全国修法師会連合会を代表する各聖が式衆として出仕し、立正安国・お題目結縁運動結願大法要が執り行われた。
 開式にあたり、妙法蓮華経常不軽菩薩品第二十に説かれる「但行礼拝」の精神を奉読した。
 続いて、全国修法師会連合会会長吉田顕嶺師が修法導師を務め、全国修法師連合会各聖による御宝前法楽が修された後、師衆が入堂した。
 法要中には、内野日総法主猊下が来臨され、御宝前に恭しく焼香を施された。
 その後、御宝前に於いて、菅野管長が奉告文を奉読、日蓮宗檀信徒を代表し、全国檀信徒協議会会長池上幸保氏が結願の言葉を述べた。続いて、日蓮宗檀信徒の次世代を代表し、守岡悟氏・守岡沙南氏が信仰の継承を誓った。
 最後に、中川法政日蓮宗宗務総長が宗門運動の発願から結願までを御宝前に奉告し、次の宗門運動の隆盛を願った。
 尚、この法要は、ユーチューブにてライブ配信され、現在もアーカイブを視聴することができる。

第2期女子僧道実修生入場式 2021年10月1日
 午後2時より棲神閣祖師堂に於いて、豊田布教部長導師のもと、僧道実修生が式衆として出仕して、第2期女子僧道実修生入場式が執り行われた。
 今期は志のある2名の実修生が入場した。

第4回小学生絵画コンテスト授賞式 2021年10月3日
 午前11時より宝物館ロビーに於いて、第4回身延山小学生絵画コンテスト授賞式が行われた。
 今年は、52件の応募作品があり、栄えある法主賞に輝いたのは、氏原みのりさん作の「歴史ある総門」となった。
 応募作品は11月末まで宝物館ロビーにて展示される。

平山郁夫展シルクロード美術館館長 特別講演 2021年10月3日
 午後1時より大客殿に於いて、平山郁夫シルクロード美術館平山東子館長の特別講演会が開催された。

教箋