月刊教報 みのぶ誌 2021年8月号

祖山時報

身延山本願人会・ロータス会総会 2021年6月12日
 午後1時より新書院に於いて、身延山本願人会総会、午後3時15分よりロータス会総会が開催された。
 本願人会総会では、はじめに総裁の内野日総法主猊下、浜島共栄部長が挨拶をした。
 内野法主猊下は出席された会員の皆様に対し「今まで当たり前に出来ていたことが大変ありがたいことだったと改めて感じている。皆様にとって身延山が日本仏教の三大霊山であり、共に生き共に栄える祖山となりますよう、より一層精進して参ります」と感謝と決意を述べられた。
 その後、議事に入り、令和2年度事業報告及び収支決算報告、令和2年度監査報告、令和3年度事業計画案及び予算案の審議が行われた。
 その後、ロータス会総会が行われ、浜島副総務出席のもと、スリランカ別院、コロンボ支院の現状報告等が行われた。

 また、午後2時より仏殿納牌堂に於いて、浜島副総務導師のもと、長谷川財務部長、松本共栄部次長が副導師として列座し、在院生が出仕して、身延山本願人会物故者慰霊法要が執り行われた。

身延山開闢会御草庵大法要 2021年6月13日
 御廟所御草庵跡に於いて、内野日総法主猊下大導師のもと、浜島副総務、望月海英一老職が副導師として列座し、支院各聖が出仕して第748回御草庵大法要が執り行われた。
 御草庵跡から祖廟域に雅楽の音色が響き渡ると、式衆の支院各聖の行列に身延町長、身延山本願人会の代表者が続き、荘厳した御宝前に献供を行った。
 読経後の祖訓では、浜島副総務が御宝前まで進み「身延山御書」を朗々と奉読した。
 その後、式衆・参列者が共に大音声の御題目を唱え、最後に大導師の内野日総法主猊下が御回向を申し上げ、日蓮聖人へ報恩の誠を捧げられた。
 尚、天候により、午前11時から予定していた法要は15分ほど繰り上げての開式となった。

 また、午前10時30分より総門に於いて、浜島副総務導師のもと、望月海英一老職、御草庵大法要へ出仕する支院各聖が参列し、発軫閣祖師堂へ向かい法味を言上した。
 尚、午前9時より行われる予定だった御入山行列は、コロナ禍のため中止された。

身延山高校誓願法要 2021年6月14日
 午前10時20分より棲神閣祖師堂に於いて、青山法務部長導師のもと、身延山高校教職員と全校生徒が参列し、身延山高校誓願法要が執り行われた。
 生徒らは開式に先立ち、1人ずつ自身の誓願を記した短冊を御宝前に納めた。法味を言上した後、生徒を代表し草野洋太君が誓願成就のため日々精進していくことを日蓮聖人に誓った。
 また、導師を務めた青山法務部長は「人の幸せを自分の喜びとしてほしい。誓願が達成される人とされない人がいるが、その過程が大切」と高校生へエールを送った。

身延山開闢会大法要 2021年6月15日~17日
 午後1時より本堂に於いて、内野日総法主猊下大導師のもと、浜島副総務、望月海英一老職をはじめ支院各聖が副導師として列座し、支院各聖、在院生が式衆として出仕し、第748回身延山開闢会大法要が執り行われた。
 法要中の献供では、身延山高校の女子生徒が出仕し、堂内を華やかに荘厳した。
 法要終了後には、本堂外陣に設置された高座に於いて、15日に長谷川財務部長、16日に池上要靖身延山布教師、17日に塚本智秀身延山布教師による御代講が行われた。
 また、午前10時より本堂に於いて3日間に亘り報恩読誦会が厳修され、法味を言上した。
 尚、17日に予定されていた五重塔初重特別開扉は、前日の雨により多湿だったため中止された。

本妙院日臨和尚御本尊表装の修復を行い妙法寺へ遷座 2021年6月16日
 先月既報の通り、本妙庵(醒悟園)格護の宝物類が身延町丸滝の妙法寺(桑名貫正上人)へ移されたが、このうち日臨和尚の御本尊は表装の傷みが激しかったため、桑名貫正上人の寄進丹誠によって改められた。作業は町内の清勘堂において行われ、表装の新たになった御本尊は、6月16日に妙法寺の御宝前に奉安された。

住職担任認証式 2021年6月24日
 午後2時より棲神閣祖師堂に於いて、日蓮宗管長菅野日彰池上本門寺貫首導師のもと、青山法務部長、宗務院より髙津総務部長が副導師として列座し、住職担任認証式が執り行われた。
 法味を言上した後、菅野管長より新住職担任一人ひとりに認証書が親授された。その後、新住職担任の代表者より署名簿の奉奠と宣誓が述べられ、行学の二道の精神に努め、檀信徒の教化育成に努力することを誓った。
 式の終了後、新住職担任は御真骨堂を奉拝し、菅野管長を囲み記念撮影を行った。

身延山参与・祖山常置会常任議員会 2021年6月25日
 午前10時30分より新書院に於いて、内野日総法主猊下御臨場のもと、身延山参与・祖山常置会常任議員会が開催された。
 まず、内野日総法主猊下より「このような世の中だからこそ、祖山より立正安国世界平和に精進し発信していかなければと強く思っている。中身の濃い会議にしてほしい」と述べられ、続いて参与を代表し外山寛穂師、持田総務が挨拶をされた。
 その後、令和2年度宗教法人身延山久遠寺決算、令和2年度宗教法人身延山久遠寺報恩記念事業決算・監査報告、祖山顧問会設立について審議が行われた。

身延山歴代法要 2021年6月25日
 午後1時30分より仏殿納牌堂に於いて、内野日総法主猊下大導師のもと、望月海英一老職、浜島副総務、長谷川財務部長、松本共栄部次長が副導師として列座し、在院生、僧道実修生が出仕して、身延山歴代法要が執り行われた。

第2期信行道場修了式・教師認証式 2021年6月30日
 朝勤終了後、棲神閣祖師堂に於いて、第2期信行道場修了式・教師認証式が執り行われた。
 一昨年に引き続き、修了式と教師認証式で導師が入れ替わる変則的な法要であった。
 修了式は、信行道場化主の内野日総法主猊下大導師のもと、青山法務部長、小澤庶務部長、長谷川財務部長、宗務院より栗原教務部長が副導師として列座し行われた。法味を言上した後、化主猊下から修了証が授与され、道場生代表者が謝辞を述べた。化主猊下は「本日の喜びと感激を忘れずに、日蓮宗の教師としてイキイキとしてより一層精進されるよう期待している」と訓諭を述べられた。
 化主猊下退堂後、日蓮宗管長菅野日彰池上本門寺貫首が入堂し、教師認証式が開式となった。
 菅野管長より認証書や記念品が授与され、訓諭を頂戴した。その後、栗原教務部長より挨拶が述べられ玄題三唱にて閉式となった。

教箋