月刊教報 みのぶ誌 2020年8月号

祖山時報

身延山開闢会大法要 2020年6月15日~16日
 午後1時より本堂に於いて、持田総務導師のもと、青山法務部長、支院各聖が副導師として列座し、在院生、僧道実修生が式衆として出仕し、身延山開闢会大法要が執り行われた。

 法要終了後には、本堂外陣に設置された高座にて、15日に長谷川財務部長、16日には池上要靖師による御代講が行われた。

 両日の午前には本堂に於いて報恩読誦会が厳修され、自我偈の訓読を三巻読誦するなど、法味を言上した。
 また、17日は午前10時から午後2時まで五重塔特別開扉が行われた。開扉式並びに閉扉式は松本共栄部次長が導師を務め、式衆に在院生が出仕した。

身延山本願人会・ロータス会総会 2020年6月16日
 午後2時より新書院に於いて、身延山本願人会総会並びに、ロータス会総会が開催された。
 この度の総会は、コロナ禍の影響で縮小して執り行われた。
 本願人会総会は、はじめに会長の持田総務、続いて浜島共栄部長が挨拶をした。
 その後、令和元年度事業報告及び収支決算報告、令和2年度事業計画案及び予算案の審議が行われた。

 本願人会総会終了後、引き続きロータス会総会が行われ、理事長の持田総務、副理事長の豊田布教部長出席のもと、スリランカ別院の現状報告等が行われた。
 総会終了後、午後4時より仏殿納牌堂に於いて、持田総務導師のもと、浜島共栄部長、松本共栄部次長が副導師として列座し、在院生が出仕して、新亡供養・物故者法要が執り行われた。

身延山開闢会御草庵大法要 2020年6月17日
 午前10時半より御廟所御草庵跡に於いて、内野日総法主猊下大導師のもと、持田総務、望月一老職が副導師として列座し、支院各聖が式衆として出仕し、御草庵大法要が執り行われた。
 法要終了後には、御廟所常唱殿に於いて、豊田布教部長による御代講が行われた。
 また、午前10時より総門に於いて、持田総務導師のもと、浜島共栄部長、小澤庶務部長、望月一老職、御草庵大法要へ出仕する支院各聖が参列し、発軫閣祖師堂へ向かって法味を言上した。
 尚、6月13日に行われる予定だった前夜祭と同月14日に行われる予定だった御入山行列は、コロナ禍のため中止された。

身延山高校誓願法要 2020年6月18日
 午前10時20分より棲神閣祖師堂に於いて、豊田布教部長導師のもと、身延山高校教職員と全校生徒が参列し、身延山高校誓願法要が執り行われた。
 生徒らは開式に先立ち、一人ずつ自身の誓願を記した短冊を御宝前に納めた。法味言上した後、生徒を代表し藤森孝正君が、誓願成就のため各自が精進することを日蓮聖人に誓った。
 また、豊田布教部長は「幸せの三原則は志を立てる、腰を立てる、人を立てること」と伝え、「生活の中で実践して仲間と共に精進してほしい」と挨拶した。

国際布教師先師法要 2020年6月18日
 午後1時より仏殿納牌堂に於いて、持田総務導師のもと、浜島共栄部長、豊田布教部長、長谷川財務部長、小澤庶務部長が副導師として列座し、在院生、僧道実修生が出仕して国際布教師先師法要が執り行われた。
 この度は、小川如洋師(一乗院日暉上人)の七回忌と堀教通師(教通院日済上人)の一周忌の年回忌法要だった。
 持田総務は「両上人は御祖師様の側に遺骨を埋葬することを強く望まれていた。身延山で年回忌法要ができたことが大変に嬉しい」と語った。

布教部主催七面山登詣 2020年6月20日~21日
 1泊2日の布教部主催七面山登詣が開催された。
 今回は17名の参加申込みがあり、そのうち3名が初登詣だった。
 当日は悪天候が予想されていたが、雨に打たれることなく無事に登下山できた。

教箋