月刊教報 みのぶ誌 2019年11月号

奥之院思親閣大祭龍口御法難会 2019年9月12日

奥之院思親閣祖師堂に於いて大祭法要が執り行われた

龍口御法難会 2019年9月12日

木柾の軽快なリズムと読経の声が響き渡る棲神閣祖師堂

身延山ロープウェイ月見観賞会 2019年9月13日

FM FUJIとのコラボ企画 休憩所がラジオブースに大変身

身延山小学生絵画コンテスト授賞式 2019年9月15日

創造性豊かな38の応募作品が表彰された

上ノ山八幡社大祭 2019年9月15日

上ノ山八幡社に於いて大祭法要が執り行われた

立正安国世界平和祈願会 共栄運動発足式 2019年9月16日

共栄運動発足式にて発足宣言をする持田総務

七面山大祭 2019年9月18日~19日

大導師による頂戴経がなされた

秋季彼岸施餓鬼会 2019年9月23日

木柾の速さに合わせ施餓鬼檀を囲繞する式衆

身延山篤信位会・身延山先達特別修行 2019年9月27日~30日

最終日の輪番奉仕にて誓いの詞を読み上げる大澤さん

宗祖冬御法衣献納式 2019年10月1日

献納之辞を読み上げる山梨県恵善坊 遠藤是淳住職

宗祖冬御更衣式 2019年10月1日

宗祖の御法衣が改められた

身延山門内周辺活性化検討会 2019年10月2日

長崎幸太郎山梨県知事より御挨拶を賜った

目次

教箋のことば~「光明言」~ 身延山第九十世 岩間日勇法主 著『共に生き、共に栄える』より

祖山時報

奥之院思親閣大祭 龍口御法難会
 9月12日、午前11時より奥之院親思閣祖師堂に於いて、持田総務導師のもと、望月一老職、町田思親閣別当が副導師として列座し、支院各聖が出仕して奥之院思親閣大祭龍口御法難会が執り行われた。
 法要後、十如坊の榊原住職が修法導師を務め、支院修法師による大衆法楽加持が修された。引き続き、小松会計執事導師のもと、献灯者読上げ祈願回向が執り行われた。
 尚、午前10時より、身延山高校に通う仏教コースの3年生による日蓮劇が公演され、迫力の演技に参拝者たちの目は釘づけだった。

龍口御法難会
 9月12日、午後1時より棲神閣祖師堂に於いて、青山法務部長導師のもと、長谷川財務部長が副導師として列座し、在院生、僧道実修生が出仕し、龍口御法難会が執り行われた。法要後には、木下性俊師による法話が行われた。

身延山ロープウェイ月見観賞会
 9月13日、身延山山頂に於いて、FM FUJIとのコラボ企画である「月見観賞会」が催された。
 身延山山頂にある休憩所には特設のラジオブースができており、人気DJとのトークイベントや山頂駅ホールにて甘酒の無料サービスがなされるなど盛り沢山の内容だった。
 山頂の東側展望台では、奥之院思親閣の山務員による特別月見法要が執り行われるなど、参加者は中秋の名月のひと時を楽しんでいた。

身延山小学生絵画コンテスト授賞式
 9月15日、午前11時より宝物館ロビーに於いて、身延山小学生絵画コンテスト授賞式が行われた。
 今年は、38件の応募作品があり、栄えある法主賞に輝いたのは、氏原みのりさんが描いた「御廟所の夏」である。

上ノ山八幡社大祭
 9月15日、午前11時より、身延山上ノ山八幡社に於いて、村松布教部長導師のもと、八幡社の氏子各位が参列して大祭法要が執り行われた。
 この大祭は毎年、身延山内の5地区による当番制で行われている。

立正安国世界平和祈願会 共栄運動発足式
 9月16日、午後1時より本堂に於いて、立正安国世界平和祈願会並びに共栄運動発足式が執り行われた。

七面山大祭
 9月18日・19日、七面山敬慎院に於いて、七面山大祭が執り行われた。
 18日は、午前10時と午後4時より読誦会が行われ、午後6時半から持田総務臨席のもと、敬慎院前庭に於いて身延万灯講による万灯奉納式が行われた。また午後8時からは、持田総務導師のもと、内野七面山別当、小澤庶務部長ら4名を副導師に、身延山支院各聖、並びに七面山有縁の諸師が式衆として出仕し、七面山大祭法要が執り行われた。
 法要後には参詣者に大衆法楽加持が修され、恒例の福撒きが行われた。
 翌19日、午前4時より、持田総務導師のもと七面山開闢法要が執り行われ、多くの参拝者とともに七面大明神への報恩感謝の祈りが捧げられた。

秋季彼岸施餓鬼会
 9月23日、午後1時より、仏殿納牌堂に於いて、村松布教部長導師のもと、長谷川財務部長が副導師に列座し、在院生、僧道実修生が出仕し、秋季彼岸施餓鬼会が執り行われた。
 まず導師によって全国の信徒から申し込まれた卒塔婆へ灑水供養が施された。そして式衆が種々の供養を施し、最後に副導師によって供養を申し込まれた諸霊位の読み上げ回向がなされた。

身延山篤信位会・身延山先達特別修行
 9月27日から30日までの4日間、信徒研修道場に於いて身延山篤信位会・身延山先達特別修行が実施された。本年は篤信位会から4名、身延山先達から19名が参加した。
 参加者たちは水行、読誦行、祈祷会、施餓鬼法要、輪番奉仕など様々な修行に勤しんだ。

宗祖冬御法衣献納式・宗祖冬御更衣式
 10月1日、午後4時より、旧書院に於いて、内野日総法主猊下式長のもと、小澤庶務部長、長谷川財務部長が列席し、宗祖冬御法衣献納式が執り行われた。この度の献納主は、山梨県恵善坊住職の遠藤是淳師である。
 施主から献納之辞や目録奉呈がなされ、式長より山納証が授与された。
 同日、午後6時より、棲神閣祖師堂に於いて、内野日総法主猊下大導師のもと、持田総務、浜島共栄部長、村松布教部長、池上祖廟輪番本部事務長、松本共栄部次長が副導師として列座し、小澤庶務部長、長谷川財務部長が捧持者、青山法務部長が会行事を務め、在院生、僧道実修生が式衆として出仕し、宗祖冬御更衣式が執り行われた。

身延山門内周辺活性化検討会
 10月2日、午前10時より報恩閣2階報恩の間に於いて、第1回身延山門内周辺活性化検討会が開催された。
 開会にあたり、長崎山梨県知事、望月身延町長、佐野身延山観光協会会長、持田総務がそれぞれ御挨拶をされ、身延山および周辺地域の活性化に向けて、更なる魅力アップを図るよう誓った。