月刊教報 みのぶ誌 2019年10月号

奥之院エコバルーンで回向バルーン 2019年8月11日

エコバルーンに願いを吹き込む少女
奥之院思親閣の北側展望台から回向バルーンを放った

戦没者英霊施餓鬼会 2019年8月18日

仏殿納牌堂にて行われた第3期信行道場生による施餓鬼法要

信行道場北寮工事着工法要 2019年8月21日

信行道場前庭に於いて北寮工事着工法要が執り行われた

身延山ロープウェイ 宙(そら)わたし 2019年8月23日~25日

身延山高校の手話部が手話ソングを披露した
奥之院思親閣に於いて町田別当による特別法話がなされた

松葉谷御法難会 2019年8月27日

棲神閣祖師堂にて行われた松葉谷御法難会に出仕する修行僧

丈六堂施餓鬼会 2019年8月28日

僧道実修生4名が出仕して行われた施餓鬼法要

日蓮聖人降誕800年記念事業オペラ『日蓮の宇宙~曼荼羅世界~』本契約 2019年8月31日

契約書に調印後 台本が納入された

龍神図屏風「摩尼双龍図」献納式 2019年9月1日

奉納者の大引節子さんと龍神絵師の長谷川真弘師

宝物館「身延山霊宝展」開催 2019年9月6日

加山又造画伯の作品大奥襖絵「桜花図」「楓図」が初展示される

第3期信行道場修了・教師認証式 2019年9月8日

謝辞を述べる道場生代表

目次

教箋のことば~「光明言」~ 身延山第九十世 岩間日勇法主 著『共に生き、共に栄える』より

祖山時報

奥之院エコバルーンで回向バルーン
 8月11日、午後1時より、奥之院思親閣に於いて『エコバルーンで回向バルーン』が行われた。このイベントは、身延山山頂の奥之院思親閣から、今を生きる証として、御先祖様に感謝の想いを風船に綴り、真夏の青空に「ありがとう」の心を届けようという企画である。
 最初に奥之院祖師堂前に於いて、町田別当導師のもと、法要が執り行われた。その後、参加者は御先祖様への感謝の気持ちと自身の願いを吹き込んだバルーンを手に、北側展望台へと向かい「ありがとう」の掛け声とともに、一斉に空へと回向バルーンを放った。
 尚、このイベントは自然環境にも配慮されており、使用されているバルーンは、太陽光に当たると水や炭酸ガスなどに分解され、微生物の力によって自然に還るようにできている。

戦没者英霊施餓鬼会
 8月18日、午後1時より仏殿納牌堂に於いて、浜島共栄部長導師のもと、小澤庶務部長、第3期信行道場進藤訓育主任が副導師として列座し、戦没者英霊施餓鬼会が執り行われた。
 法要中には内野日総法主猊下が来臨され、戦没者の英霊に恭しく焼香をし、供養の念を捧げられた。

信行道場北寮工事着工法要
 8月21日、午前10時より信行道場前庭に於いて、小澤庶務部長導師のもと、進藤信行道場主任、岩本信行道場副主任が副導師に列座し、修法導師に鯉渕信行道場副事務長、式衆に髙鍋信行道場主事、信行道場書記4名、信行道場生全員が出仕し、信行道場北寮工事着工法要が執り行われた。

身延山ロープウェイ 宙(そら)わたし
 8月23日から25日の3日間に亘り、身延登山鉄道株式会社が主催する『身延山ロープウェイ宙わたし』が開催され、津軽三味線、尺八、キーボードなどを使用したコンサートや身延山高校の手話部と雅楽部による演奏、山頂特別アート展やライトアップ、奥之院思親閣の町田別当による特別法話など様々な企画が用意され、夜の異空間を体感した。

松葉谷御法難会
 8月27日、午後1時より棲神閣祖師堂に於いて、浜島共栄部長導師のもと、青山法務部長、村松布教部長が副導師として列座し、身延山在院生、僧道実修生が出仕して、松葉谷御法難会が執り行われた。
 法要終了後には、布教部員の武島法儀師による法話が行われた。

丈六堂施餓鬼会
 8月28日、午前11時より上ノ山丈六堂に於いて、村松布教部長導師のもと、僧道実修生4名が式衆を務め、丈六堂施餓鬼会が執り行われた。

日蓮聖人降誕800年記念事業 オペラ『日蓮の宇宙~曼荼羅世界~』本契約
 8月31日、午後1時より東渓閣2階に於いて、持田総務、長谷川財務部長、松本共栄部次長、橋爪総務室長、鈴木共栄部主任、有限会社センドー・オペラ・ミュージカル・カンパニー代表の仙道作三氏が出席し、日蓮聖人降誕800年記念事業オペラ『日蓮の宇宙~曼荼羅世界~』に関し、本契約を締結した。
 仙道氏は『日蓮聖人の温かい御心をオペラを通じて未来へ伝える』をキャッチコピーとし、「格調高くすると主催者側は満足するが、一般大衆は離れる。日蓮宗ではない方に日蓮聖人の生き様や、暖かい御心を伝えることがベターである。」と語り、「優しく歌い繋げる心意気で作曲する」と決意を固めた。

龍神図屏風「摩尼双龍図」献納式
 9月1日、午前11時より棲神閣祖師堂に於いて、持田総務導師のもと、浜島共栄部長、長谷川財務部長が列座し、奉納者である大阪府の大引節子さんと龍神図を描いた龍神絵師の長谷川真弘師らが参列し、龍神図屏風「摩尼双龍図」献納式が執り行われた。
 式では、持田総務より奉納者である大引さんに山納証、長谷川師には感謝状がそれぞれ手渡された。

宝物館「身延山霊宝展」開催
 9月6日より本堂地下にある宝物館に於いて、「身延山霊宝展」が開催されている。
 この度の企画展では、本堂の外陣天井に飾られている「墨龍」を描いた加山又造画伯の作品である大奥襖絵「桜花図」や「楓図」など、宝物館初の展示作品が目玉となっており、更に、国指定重要文化財に指定されている作品も多数公開されている。
 この身延山霊宝展は、令和2年2月4日まで開催される。

第3期信行道場修了・教師認証式
 9月8日、朝勤終了後、棲神閣祖師堂に於いて、第3期信行道場修了式・教師認証式が執り行われた。
 修了式では信行道場化主の内野日総法主猊下大導師のもと、長谷川財務部長、宗務院から北山教務部長が列座し、更に主監の持田総務が参列した。法味言上後、化主猊下より修了書が授与され、道場生代表が謝辞を述べた。その後、化主猊下より訓諭を賜った。
 化主猊下退堂後、日蓮宗管長の大本山池上本門寺菅野日彰貫首が入堂し、教師認証式が開式となった。道場生代表による宣誓が行われ、菅野管長より認証書や記念品が授与され、その後訓諭を賜った。北山教務部長からの御挨拶を拝受し、玄題三唱にて閉式となった。

連載「大聖人のご文章を読む(48) 【法華初心成仏鈔】(13)」