1. HOME >
  2. 月刊教報 みのぶ誌 >

◆表紙絵解説
白糸の滝とお万の方銅像

 赤沢の集落からなだらかな道を下ってきますと、落ちる瀑布の音も爽やかな白糸の滝に到着します。ここはお万の滝とも呼ばれ、徳川家康公側室のお万の方が当時女人禁制であった七面山へ登るために、水垢離の行をして精進潔斎・登山無事成就を祈念した霊場と伝えられております。これによって女人の禁制は解かれて誰もが等しく七面山へ登れるようになり、お万の方は「女人踏み分けの祖」として崇められるようになりました。これを讃えて昭和28年には、滝の前に七面山を望んだお万の方の銅像が建立されております。

絵:藤田由也画伯



月刊教報みのぶ誌ご紹介

バックナンバー


クリックするとバックナンバーをご覧いただけます。