1. HOME >
  2. 月刊教報 みのぶ誌 >

◆表紙絵解説
追分感井坊

 千本杉を過ぎてさらに進むと、やがて「追分」と呼ばれる奥之院思親閣と七面山とに向かうそれぞれの参道の分岐点に至ります。この地には日蓮大聖人が身延山頂へご登詣の際、随伴の日朗上人が宗祖に差し上げる水を探し求めていたところ、帝釈天王が清水の湧き出でる所を指し示されたという伝承に因み、帝釈天を祀る感井坊が建てられております。時代の流れによって一時荒廃しておりましたが近年復興され、再び往時の参詣道を歩く人々の憩いの場となっています。

絵:藤田由也画伯



月刊教報みのぶ誌ご紹介

バックナンバー


クリックするとバックナンバーをご覧いただけます。