1. HOME >
  2. 身延山宝物館のご案内 >

◆西側の宝物館入口

身延山宝物館のご案内

お知らせ

<< もどる

日蓮聖人御真筆曼荼羅御本尊特別公開
開催期間 2016年10月8、11、12、13日
開館時間 9時〜16時(10月8日は夕方17時まで)
入館料 一般300円 大・高200円 中・小100円(20名以上で団体割引になります。10月8日のJR東海さわやかウォーキングマップを提示された方は割引があります。)

日蓮聖人御真筆大曼荼羅御本尊
※通常は複製での展示です。御会式期間のみ御真幅を公開致します。

 ここ身延山久遠寺は、日蓮大聖人が晩年をお過ごしになられたお山で、以来742年間、日蓮宗の総本山として人々の信仰を集めています。
 現在、日蓮宗信徒の仏壇を拝すると「御本尊」と呼ばれる掛け軸が掛かり、大聖人の御本尊を印刷したものもあれば、菩提寺住職の筆によるものもあります。この「御本尊」は、正式には「大曼荼羅御本尊」といい、大聖人が52歳の時、初めて顕されたものです。これは、大聖人の観じた妙法蓮華経の世界を書き著されたもので、中央の「南無妙法蓮華経」の文字からのびる筆が法華経の功徳が全ての世界に届いている事を顕しています。
 大聖人は53歳から身延山で過ごされていますので、御生涯の中で御染筆になられた大曼荼羅御本尊のほとんどは身延山で生活された時のものとなります。
 かつて身延山には大聖人の書かれた宝物が沢山ありました。しかし、度重なる火災によってその殆どを焼失しています。それゆえ、現在、身延山で所蔵している大曼荼羅御本尊はあまりにも尊い宝物であるために、限られた時のみ公開しております。
 この度、展示期間内の10月8日に身延山御会式万灯行列が開催されることに合わせまして10月8日を含む御会式期間に大聖人御真筆の大曼荼羅御本尊を公開することとなりました。数日限りの公開ですので、この機会をお見逃しなさいませんよう是非とも御来館下さい。

10月8日JR東海さわやかウォーキング「身延山日蓮聖人の足跡を訪ねて富士山と南アルプスを眺望」(JR東海ページ)

臨時快速 さわやかウォーキング号の御案内(JR東海ページ)

JR東海さわやかウォーキングトップページ(JR東海ページ)

<< もどる