1. HOME >
  2. 境内案内 >
  3. 身延山五重塔 >

◆復元された身延山五重塔

境内案内

五重塔復元工事レポート【PDF】

ここでは、身延山五重塔復元工事のレポートをPDFで紹介します。

五重塔復元工事レポート No.17 【塗装工事その3】(PDF形式/約824KB)

五重塔復元工事レポート No.16 【塗装工事その2】(PDF形式/約727KB)

五重塔復元工事レポート No.15 【塗装工事その1】(PDF形式/約1629KB)

五重塔復元工事レポート No.14 【相輪その2】(PDF形式/約602KB)

五重塔復元工事レポート No.13 【相輪その1】(PDF形式/約547KB)

五重塔復元工事レポート No.12 【銅板】(PDF形式/約856KB)

五重塔復元工事レポート No.11 【縁・高欄・須弥壇】(PDF形式/約730KB)

五重塔復元工事レポート No.10 【五重】(PDF形式/約871KB)

五重塔復元工事レポート No.09 【三重〜四重】(PDF形式/約1059KB)

五重塔復元工事レポート No.08 【初重 組物〜二重】(PDF形式/約845KB)

五重塔復元工事レポート No.07 【初重 柱〜天井】(PDF形式/約790KB)

五重塔復元工事レポート No.06 【素屋根工事】(PDF形式/約1368KB)

五重塔復元工事レポート No.05 【木材の調達と加工】(PDF形式/約735KB)

五重塔復元工事レポート No.04 【柱 礎 石】(PFD形式/約803KB)

  レポート中の“びしゃん”とは……

〔びしゃん bush hammer〕
石工事用工具の一。柄の長さは20p前後で柄頭に長さ15p程度の槌がついている。その端面は3.6p角で、碁盤目に切った突起が付いている。この突起の数により、25目で5枚、64目で8枚、100目で10枚びしゃんなどと呼ぶ。石材表面の叩き仕上の一つに用いる。
『建築大辞典 第2版 彰国社 1993年6月10日発行』より抜粋

写真は工具を並べたもの。中央の二本がびしゃん。
他の二本は叩き仕上げ用の工具で表面の仕上がりに応じて使い分ける。

五重塔復元工事レポート No.03 【マットスラブ】(PDF形式/約867KB)

五重塔復元工事レポート No.02 【グラウンドアンカー】(PDF形式/約1004KB)

五重塔復元工事レポート No.01 【杭 工 事】(PDF形式/約415KB)


PDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない場合は左のロゴをクリックして最新のAdobeReaderをダウンロードすれば、PDF形式のファイルをご覧になれます(無料)。