1. HOME >
  2. ご案内 >
  3. 本願人について >

ご案内

身延山本願人会本部 規則


(名称)
第一条 本会を身延山本願人会と称す。
(本部及び地区)
第二条 本会は本部を身延山久遠寺に置く。
第三条 本会は全国各地に身延山地区本願人会を設置する。各地区本願人会設置に至るまでは、本部に直轄されるものとする。地区本願人会を結成する時はあらかじめ常任理事会の承認をうるものとする。
(目的)
第四条 本会は祖山中心の信仰を高揚し、宗祖の祖願たる立正安国の実現を目指し、身延山久遠寺の護持発展に寄与し、会員相互の親睦と、各自の信仰の増進を図ることを目的とする。
(会員)
第五条 本会は身延山久遠寺山務役員、及び身延山本願人を以て会員とする。
(事業)
第六条 本会は第四条の目的を達成するために次の事業を行なう。
1, 毎年一回全国身延山本願人会総会を開き、会員の信仰増進、追孝法要、協議懇談を行なう。
2, 本山の興隆発展に寄与する事業に協力する。
3, 本山が行なう教育・福祉・社会教化事業に対して協力する。
4, その他本会の目的を達成するために必要と認められる事業。
(役員)
第七条 本会に下記の役員を置く。
1, 本部役員 総裁一名 会長一名 副会長四名 常任理事十名 理事四十名以内 顧問若干名 相談役若干名 監査二名 会計二名
@ 本部の総裁には身延山法主を奉戴し、会長には身延山総務を推戴する。
A 副会長は会長が会員中より四名(山務役員より一名)を推薦し総裁が任命する。
B 理事は会長が会員中より、地区等を勘案して推薦し、総裁が任命する。
C 常任理事は理事の中より会長が推薦した者を総裁が任命する。
D 本部の顧問、相談役は会長が推薦し、総裁が認証する。
E 本部の会計は常任理事中より常任理事会が選出し、会長が承認する。
F 本部の監査は会員中より常任理事会が選出し、会長の委嘱を受ける。
2, 地区役員 地区会長一名 地区副会長二名 顧問若干名 相談役若干名 理事若干名 監査二名 会計二名
@ 地区会長、副会長は地区会員の互選により選出し、総裁より任命を受ける。
A その他の地区役員は、地区会員の互選により選出する。
(役員の任期)
役員の任期は三年とする。ただし補欠役員の任期は前任者の残任期間とする。
1, 役員は再任されることができる。
(役員の職務)
第九条 総裁は本部及び各地区の役員を任命する。
1, 会長は本会を代表し会務を統理する。
2, 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
3, 常任理事は本会の会務執行の重要な事項について協議決定し、会の運営を図る。
4, 理事は本会の諸案件について協議し、会の運営を図る。
5, 会計は本会の金銭出納の任に当たる。
6, 監査は本会の会計及び事業の執行状態を監査する。
(会議)
第十条 会議は常任理事会、本部役員総会とする。
1, 常任理事会及び役員総会は会長が招集する。
2, 本会の諸事業の決定は常任理事会で行なうが、日常の軽易な事項については、会長が専決し、これを常任理事会に報告する。
3, 本部役員総会は六月末日までに行なうものとする。
(総会)
第十一条 毎年六月末日までに総会を開き、協議決定事項及び事業、会計に関する報告を行なう。
(会計)
第十二条 本会の経費は会員の年会費一万二千円と寄付金をもって充当する。但し、六千円は地区本願人会の経費に充当する。
1, 会費納入者には『太歳祈祷札・本願人会だより・みのぶ誌』等の無料送付を行なう。
2, 会計は予算及び決算書を作成し、役員総会の承認を受けなければならない。
3, 本会の会計年度は四月一日に始まり三月三十一日に終わる。
(事務局)
第十三条 本会に本部事務局を置き、日常の業務を行なう。
1, 本部事務局長は、身延山久遠寺山務役員中より、会長が任命する。
2, 本部事務局主任は、身延山久遠寺山務員中より、会長が任命する。
3, 本部事務局員は身延山久遠寺山務員の内より、会長が任命する。
(規則の改正)
第十四条 本規則の改正は、本部役員総会の議決を経ねばならない。
本規則は、平成3年6月15日より実施する。
付則 平成17年6月11日一部改定。
付則 平成20年6月14日一部改定。